中国バイドゥの絶対的地位に暗雲…挽回策は人工知能?

中国バイドゥの絶対的地位に暗雲…挽回策は人工知能?

関連ワード:AI Alibaba Baidu Tencent 中国

Written by Pocca

Posted date:2016.09.29

人工知能_バイドゥ
photo by baidu

 中国のIT業界の大手3社は「BAT」と呼ばれる。それぞれバイドゥ(百度:Baidu)、アリババ(阿里巴巴:Alibaba)、テンセント(騰訊控股:Tencent)社名の頭文字からとって付けられている。

 これまでバイドゥは、中国の検索エンジンでほぼ独占的な地位を確立してきた。しかし最近はさまざまな問題で、その絶対的な地位に暗雲が立ち込めている。

 今年8月半ば、参考消息網が伝えたところによると、香港証券取引所でのテンセントの株価は、時価総額が2490億ドル(約25兆1100億円)となり、アリババの2460億ドル(約24兆8000億円)を上回ったという。両社は長らく熾烈な競争を繰り広げている。

 このような状況で、バイドゥは両者に遅れをとりはじめている。時価総額646億ドルに過ぎず、また事業のいたるところでトラブルも目につきはじめた。

 サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)は今年、アリババのデジタル広告の売り上げが120億5000万ドル(約1兆2050億円)に達する見通しだと報じた。これは中国の広告市場全体416億6000万ドル(約4兆1660億円)のうち28.9%を占める勢いだ。対するバイドゥの業績は、昨年には市場占有率28%と、業界1位を占めていたが、今年のデジタル広告の売り上げがたったの88億7000万ドル(約8870億円)にとどまり、市場シェアはわずか21.3%となる見通しだ。

 さらには、中国商務省の制裁も影響している。今年5月、癌にかかった大学生がバイドゥに広告が掲載された病院で、不適切な治療を受け死亡する事態が発生した。バイドゥは早急な対応で事態収拾に乗り出したが、世論の批判は瞬く間に広がり、ついには政府も制裁に動いた。これによって、事業の先行き懸念から株価が急落した。

 またクレディ・スイスの調査によると、アリババの金融部門、アント・ファイナンシャル(䴶蟻金融服務集団)が運営する決済アプリ・アリペイは、中国のネット決済マーケットシェアの58%、テンセントは20%を持っており、2018年にはそれぞれ59%、25%にシェアを拡大すると見込まれている。一方でバイドゥの決済アプリ、バイドゥウォレット(百度銭包)は中国のトップ5にも入っていない。

1 2

参照
scmp.com