AI時代突入でも意思決定は「人間」…第4次産業革命で経営者に必要とされる能力とは

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 オリアン院長は、経営学を専攻する人々に「人間や異文化への理解を広げる勉強や経験をたくさんすべき」と語りかける。加えて、「専門性にとらわれない横断的な視点や、地球規模の問題にも関心を持つ方がよい」とアドバイスを送っている。

 実際、オリアン院長は、自分が担当する講義でも、他人とチームを構成して進めるプロジェクトに意義を持たそうとしており、同大学院レベルでは多くの海外訪問プログラムが開発されている。特に高い関心を注ぐのが、アジアおよび中南米地域だそうだ。

 AIが発展する中、磨くべき能力とは何か。経営学分野における著名人のひとりが、「データ」と「人間とその文化」に着目せよと指摘したことは、特筆すべき事柄かもしれない。