韓国政府が国内ドローン産業に1200億円投資...「ドローンハイウェイ」計画も具体化

韓国政府が国内ドローン産業に1200億円投資...「ドローンハイウェイ」計画も具体化

Posted date:2017.07.19

Photo by Stocksnap

 韓国政府がドローン産業を先進国レベルに育成するため、中長期発展計画を定める。計画の骨子は、ドローンの源泉技術開発を支援すること、また「ドローンハイウェイ」などインフラの構築を進めることなどとなる。

 韓国・国土交通部は7月18日、翌日にソウル中区の商工会議所で開催される公聴会で、上記内容を盛り込んだ「ドローン産業発展基本計画(2017~2026)」を発表すると明らかにした。

 第4回産業革命を牽引する代表的な分野のひとつとして注目されるドローン産業は、今後、毎年50%以上増大し、2025年には約620億ドルの市場規模にまで成長すると予想されている。米国・EU・中国・日本など先進国は、すでに世界ドローン市場を先取りするための競争に飛び込んでいるが、韓国もこれを追随する構えだ。

 韓国政府の基本計画は、現在704億ウォン(約70億円)規模の国内ドローン市場を10年後までに4兆1000億ウォン(4100億円)規模に成長させること。また、技術競争力を世界5位にまで引き上げ、産業用ドローン6万台の商用化を達成する目標を掲げている。そのため2018年から2022年までの5年間で、約1兆2000億ウォン(1200億円)を投入し、源泉技術の確保に乗り出すとした。以下、韓国政府が掲げたドローン発展計画の概要となる。

・映像・測量・建設・農業・エネルギー・通信など有望分野ドローン市場の研究・開発(R&D)を拡大し、国内ドローンの技術力を先進国の90%水準まで発展させる。

・レジャー・ホビー用ドローンよりも市場規模が大きい産業ドローンの開発に、集中投資する。

・そのために、政府主導の「ドローン公共事業」を展開。5年間で、公共建設、河川管理など多分野に約3000台規模のドローン公共需要を創出する。

1 2 3

参照
yonhapnews
etnews.com
dtoday