ゲイを見分ける人工知能が登場…「顔には性的指向が潜んでいる」米大学が開発

ゲイを見分ける人工知能が登場…「顔には性的指向が潜んでいる」米大学が開発


Posted date:2017.09.08


photo by psyarxiv.com


 人工知能を使って人間の顔写真データを分析することで、「同性愛者かストレートか」を高精度で見破ることができるという研究結果が報告され、世界的な物議を醸している。

 スタンフォード大学(アメリカ)の研究チームはこの度、開発したアルゴリズムを利用して、男性の場合81%、女性の場合74%の確率でそれぞれ同性愛者かどうかを正確に区別することができたという研究結果を発表した。

 研究者であるMichal Kosinski氏とYilun Wang氏は、米国出会い系サイトに集まった35000枚以上の顔画像データを利用。「ディープニューラルネットワーク」を駆使して、その画像から特徴を抽出した。なお、識別する対象となる人物の画像を一人あたり5枚使用したところ、その精度はさらに向上。男性91%、女性83%に達したという。一方で、人間のモニターが同じ“作業”を行ったところ、精度(男性61%、女性54%)はアルゴリズムより低いということも検証された。

 研究チームは、「顔には、人間の脳によって知覚・解釈されるよりも、性的指向に関するより多くの情報が含まれている」と、研究の成果について説明した。なお、今回の研究は「ストレートか否か」を識別することに焦点があてられており、トランスジェンダー、もしくはバイセクシュアルの人々については考慮されていない。

 人工知能を人の性的指向を判断するために使うという用途は、”犯罪者予測”と同じレベルのインパクトがあり、LGBTだけでなく、より広範な議論を巻き起こしそうだ。

【関連記事】>>>精度85%以上…人工知能が顔相から「犯罪予備軍」見分ける
【関連記事】>>>英警察が「犯罪リスク評価AI」を導入へ…「拘束するか否か」を自動判断し冤罪も減少!?

参照
psyarxiv.com
theguardian.com
alphr.com