英空軍が提言「軍事用ドローンの操縦にプレイステーションで遊ぶ若者を採用すべき」

英空軍が提言「軍事用ドローンの操縦にプレイステーションで遊ぶ若者を採用すべき」

関連ワード:米国 英国 軍事用ドローン

Posted date:2016.12.18

 リーパーは、イラクとシリアにいるISISに対する空襲作戦を、3分の1以上担ったとも言われている。一方、軍合同司令官であるリチャード・バロン(Richard Barrons)将軍も、ドローンを規制する法案を再考すべきと主張する。

「敵が私たちより先に動く前に、ロボット工学、自律システム、人工システムの組み合わせにより、機械が人を殺す可能性がある将来に備えなければならない(中略)これは空想科学ではない。敵そのような能力を備えるまで、それほど時間はかからないだろう(中略)したがって、私たちはいくつかのルールをつくる必要があり、それらがいつ適用されるかオペレータが明確にわかっている必要がある」(バロン氏)

 キャメロン首相が発表したところによれば、2015年8月には、シリアへのドローン空襲により、21歳の英国市民が死亡している。その他にも、英国人とベルギー人、合わせてふたりが死亡していることも分かっている。

 

1 2

参照
theguardian.com