ロボットでガス管のインフラ点検を行うRaaS事業者「問題は人間側の集中力」

photo by ULC HP

 ULCロボティクス(以下、ULC)は、インフラ点検用ロボットおよびシステムを開発する企業だ。現在、ULCは米国で3台(ボストン1台、ニューヨーク2台)、英国で2台のロボットを運用中だという。ULCが提供しているロボットおよびシステム「シスボット(Cisbot)」は、道路の下にあるガス管を点検・修理する役割を担う。本来、老化したガス管を点検するためには、長時間にわたって道路を関連機材で占有したり、交通を遮断しなければならない。ULCは、その点を解消するため特化したサービスを展開している。

 現在、ULCは「ナショナルグリッドPLC(英ウォリックに本拠を置く送電およびガス供給事業者)」とサービス契約を結び、ガス導管の点検作業を行っている。最近、エネルギー関連企業はインフラ点検・保守のために「ロボティクス・アズ・ア・サービス=RaaS」を採用する傾向が増えているというが、ULCもロボットシステムを“サービス”として提供するRaaS事業者のひとつだ。

 ULCのロボットパートリーダーであるジェイ・ファビアン(Jay Fabian)氏は「RaaSは設備投資の観点から意義が大きい」と話す。

「ロボットの動作との継ぎ目を接合するプロセスは、高度に専門化されている。パイプラインの使用寿命を延長するためには、(ロボットの)使用方法を熟知したオペレーター必要です」(ファビアン氏)

 シスボットを運用するスタッフは、航空機パイロットやロボット専門家など、ロボットを活用した現場経験が豊富な人々だ。インフラ点検にロボットを使う際には高度な技術が必要とされるが、ULCではそのための徹底した訓練が行われているという。

 ファビアン氏によれば、現在ULCは「一日に4〜5本のパイプの継ぎ目を点検する」と言う。シスボットには4つの車輪、穴を開けるためのドリル、6台のカメラ、マイクなどが搭載されている。点検作業は、ふたりひと組のオペレーターによって行われる。オペレーターはトラックに待機しながら、シスボットの運用状況をリモート制御。プロセスを進めていく。トラックに備え付けられた画面には、ロボットから送られてきたカメラのデータ、位置情報などが表示される。点検作業が順調に行われれば、一度の作業でパイプの寿命を50年延長させることができる。