米連邦航空局、英企業の開発したドローン冷凍銃を導入か

ロボティア編集部
ロボティア編集部

AUDS_ドローン冷凍銃3
photo by disciplesofflight.com

 2015年3月、AUDSチームはすでに、カプチュー(Captieux)で行われたフランス政府のトライアルに参加しており、そこで様々なドローンに対して、検知および無効化が可能なことを証明してみせた。同システムはまた、スコットランドでウェスト・フレウ(west freugh)行われた、英国政府主催の対UAV試験でも成果を出した。

 AUDS開発チームはまた、気候や昼夜を区別しない複雑な環境で、400回以上、また400時間以上、ドローン防御テストを行った。FAAは今後、米国のいくつかの空港でAUDSを試験する計画だ。ただ、正確な空港名は明らかにされておらず、試験には米グリフォンセンサー(gryphonsensors)社、センサーフュージョン(sensor fusion)社も参加する予定だとされている。

 なお、ドローンが接近して危険が予想される場所は空港だけではない。2013年9月当時、ドイツではアンゲラ・メルケル(Angela Dorothea Merkel)首相のわずか数メートル付近までドローンが接近、墜落する事件が起きている。後に、反対陣営の政党が抗議のために飛ばしたことが発覚し大事にはいたらなかったが、テロリストが飛ばしていたものだとしたら、あわや大惨事という状況だった。

【関連記事】>>>デドローン社、ドローンの侵入を防ぐドローンパトロールシステム

 ドローン技術の開発が進み、普及が進めば進むほど、想定しうる危険な状況が増えてくる。今後、ドローンを検知・撃退する技術の開発にも、ますます拍車がかかると予想される。