【ドローン空撮】不慮の墜落を回避!機体選び&メンテナンスが肝

【ドローン空撮】不慮の墜落を回避!機体選び&メンテナンスが肝

Written by 十田 一秀

Posted date:2016.08.18


ドローン_十田_KELEK
 個人的な趣味であれ、ビジネスであれ、ドローンを飛ばす際になによりも気をつけなければならないことがあります。ドローンに触れたことがある人なら一度は経験するであろう、墜落です。機体が破損するならまだしも、人に衝突すれば大きな事故に。ドローンは一見軽そうに見えますが、海外では衝突事故で大きな怪我を負ったひとたちの例が、続々と報告されはじめています。

【関連記事】>>>ドローンの墜落・衝突は大事故に!?カナダ女性が大けが
【関連記事】>>>海外セレブも被害多数!?ドローンの衝突・接触事故が問題に

 私自身、ラジコンヘリコプターを使用した写真撮影などの業務を13年ほど続けていますが、墜落に対する恐怖は以前より減りました。その理由としてはまず、センサーによる自動安定技術が向上したことで、機体そのものが落下しづらくなってきたというテクノロジー面の事情があります。加えて、オペレーションを続けるうちに、墜落を防止するための知識も増えてきました。なぜ、機体が墜落するのか。そのスタディーケースが増えてくるにつれ、事前に準備できることが増え、おのずと恐怖心を克服することができるようになったのです。

 墜落にはいろいろな要因があります。例えば、バッテリー不良、電波・磁場の影響を受ける、操縦ミス、機体能力を超えた飛行など。これらが理由で墜落することを防ぐ場合は、「運用の仕方」やオペレーション方法を上手く計画することが重要になってきます。一方、動力部品や電子部品が原因となり墜落するのを防ぐためには、機体の「メンテナンス」に注意を払う必要があります。

 以前は業務にシングルローターのラジコンヘリコプターを使用していました。シングルローターヘリはサーボモーターによる機械的な制御がメインになっています。その多くは消耗品です。また動力用のモーターやアンプ、サーボモーターももちろん消耗品です。これらの部品を定期的に交換して、安全性を保とうと心がけていました。

 数年前マルチコプターが登場し、導入・運用を始めましたが、同様な考え方で消耗品を定期的に交換し、安全性を保とうと考えておりました。ただ、シングルローターとマルチコプターには少し違いが。マルチコプターの要はフライトコントローラーで、飛行の安全はこの部分の信頼性に大きく依存しています。

1 2