韓国政府機関が報告「2025年に1800万人以上の労働者がAIロボットに代替される」

韓国政府機関が報告「2025年に1800万人以上の労働者がAIロボットに代替される」

Written by 河鐘基

Posted date:2017.01.13

韓国_労働者_人工知能_ロボット
photo by ChongDae

 韓国政府が人工知能・ロボット技術の発展と雇用の問題を扱った、初となる公式の報告書を発表。10年以内に、1800万人を超える国民が失業の脅威にさらされるとした。特に、管理職など高所得層よりも、単純労務職など低所得層にリスクが集中し、格差拡大の問題が一層強まるという見通しだ。

 韓国メディア・ハンギョレ新聞が入手した韓国・国雇用情報院の「技術の変化に伴う雇用への影響研究」という報告書では、2025年に人工知能などテクノロジーの発展で雇用への脅威を受ける労働者が1800万人にのぼるとされた。これは、韓国の全就業者2560万人の70%を超える数字だ。

 職群別にみると、高所得職種が集まった管理者群の場合、代替率が49%に過ぎないが、単純労働群の場合、90%を超えた。

 370以上の職業別代替率を最高1.00として調査した結果、清掃員とキッチン補助員が1.00で最も高いことが分かった。店舗販売員(144万人)が受ける影響も0.86に達した。一方、代替の影響が少ない職種は会計士(0.22)、企業幹部(0.32)、大学教授(0.37)などであった。今回の調査は、読み書き込など44個の機能別に人工知能・ロボットが、2025年までに人間に比べどのレベルまで発展するかの専門家に尋ね、各職業別に代替率を求めた。

 純粋に技術的な代替率であるため、技術の導入コスト、社会的認識などにより、実際の代替率はもう少し低いことが予想される。が、韓国社会にとってはショッキングなニュースである。

 雇用情報院のパク・カヨル研究委員は「代替の脅威にさらさ労働者の大部分が(経済的な)脆弱層であるため、雇用と福祉サービスが統合された対策の議論が急がれる」とコメントしてる。

1 2

参照
hani.co.kr