伊ベスパ親会社が買い物サポートロボット「ジータ(Gita)」開発

伊ベスパ親会社が買い物サポートロボット「ジータ(Gita)」開発

Posted date:2017.02.02

ジータ_Gita_ロボット_自律走行
photo by Piaggio Fast Forward

 イタリアのオートバイメーカー・ベスパ(Vespa)が、買い物や荷物の運搬を補助するロボット「ジータ(Gita)」を公開した。ジータは荷物を積むことができ、またユーザーの後ろをついて回る自律走行機能を備えている。

 開発を担当したベスパ傘下企業・ピアジオ(Piaggio)によると、ジータは歩く、もしくは自転車に乗ったユーザーに最大時速35.4kmで伴走し、荷物を運ぶなど日常的な雑務をサポートしてくれるという。高さ61cm、最大積載容量は18kgとなる。まだ正確な発売時期や価格は決まっていないが、ベスパ側は今年中にジータを試験運用する計画としている。

 現在、世界各国の企業は、数十億ドルをロボットやドローン、自律走行車に投資しながら、次世代移動手段の研究・開発を行っている。昨年にはすでに、エストニアロボットメーカー・スターシップ(Starship)が、ヨーロッパ最大の食品配達会社「ジャストイート」(Just Eat)と提携し、自律走行機能を備えた配達用ロボットをテスト運用している。今後、買い物をサポートするなどの用途で使われるサービスロボットが、続々と世の中に登場するかもしれない。

【関連記事】自律型ロボットにAR…企業が夢想する次世代の売り場
【関連記事】米百貨店・macy’sがAI・ワトソンを採用したテスト結果を発表
【関連記事】ウォルマートがロボットショッピングカートを開発中!?
【関連記事】中国セレブ男性、ロボット秘書とともに街をねり歩く
【関連記事】ロボットスタート北構武憲氏に聞く、ロボット化する社会と広告

参照
piaggiofastforward.com