「マシンラーニング(機械学習)」とは何か…4つの分類を解説

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 ふたつの強みは、詐欺防止、ターゲットデジタルディスプレイ、コンテンツ推薦、製品の品質向上、有望・潜在的な顧客の洗い出し、メディア最適化、医療保健サービスの改善、製品の故障予測など、実にさまざまな分野で応用・実用化されはじめている。

 また最近では、ディープラーニングを使えば、認識や予測だけではなく、ものごとを生成することができるとする専門家たちもいる。AIが音楽や絵を生み出したり、産業用ロボットに新たな環境で取るべき作業を自ら学習させたりと、その応用の可能性はかなり幅広い。今後、人工知能はどのような発展を遂げていくのだろうか。その行く末に対する注目は、日ごとに高まるばかりだ。

【関連記事】>>>人工知能で癌治療を…ディープマインドとロンドン大学が提携
【関連記事】>>>人工知能が”偏見学習”する!?「AIは人間から悪意を学ぶ」英論文が憂慮
【関連記事】>>>人工知能が17世紀の古典文献を機械翻訳…作業期間が27年も短縮と予想