若者の半数がロボットと競合!?...求人大手indeed「大学の学位は役に立たない」

 なおインディードのレポートによると、ミレニアム世代が好む上位5つの職種はヘルスケアサポート業務や在宅介護など、日常的な反復作業や熟練が難しい仕事だそうだ。つまり、自動化の影響を受けにくいとされる認知作業が必要は分野である。それらの職種は、2014年から2024年までに23%成長すると予想されている。

 ミレニアム世代、もしくは人間はこれから、どのように仕事を選択していくのだろうか。おそらく、人間がやりたくても、ロボットの方が効率が良く、必要とされない仕事は増え続けて行くはずだ。人間と仕事の関係性の在り方は、今後、数年間で大きく変容していくかもしれない。

【関連記事】>>>米で人工知能による税務サービス提供へ…税理士は必要なくなる!?
【関連記事】>>>マクドナルド元CEO「時給15ドルになればロボットと代替される」
【関連記事】>>>韓国政府機関が報告「2025年に1800万人以上の労働者がAIロボットに代替される」
【関連記事】>>>農民工からロボットへ…中国最大の工場地帯ではすでに8万人以上を代替