水素燃料ドローン「アルバトロスP1200」4時間飛行が目標

水素燃料ドローン「アルバトロスP1200」4時間飛行が目標


Posted date:2017.07.04


Photo by Giant Drone


 韓国ドローンメーカー・ジャイアントドローンは6月25日、自社で開発している水素燃料電池ドローン「アルバトロスP1200」の水素貯蔵量を、これまでの3ℓから6.8ℓまで増やす計画を発表した。

 アルバトロスP1200は、ジャイアントドローンが2016年に水素燃料電池を使用して開発した機体で1時間以上にわたり飛行可能。高分子電解質膜燃料電池(PEMFC)と、4つのモーターで駆動する回転翼タイプのドローンだ。

 今回は水素燃電池の容量を増やすことに加え、飛行制御システムや自立飛行システムも機能に追加される。

 ジャイアントドローン側は、リチウムイオン電池は量を増やすと重さも増えるが、水素燃料電池は元素の中で一番軽い水素が主原料であるため、量を増やしても重さにはあまり差がないと説明している。同社は年末までに、飛行時間を4時間まで増やしたドローンを開発する予定だ。

■関連記事
-韓国企業が1時間以上飛行可能なドローンを開発…水素燃料電池を利用
-MITが陸空両用ドローンを開発…走行と飛行を組み合わせ機動性高める
-プロドローンがドローン配送用「PDH-01」発表…なんでもドローン化「ANYDRONE」構想も
-ドローン普及の転換点は「事故率100万時間当たり2回以下」…米国は2020年頃

参照
etnews.com