アリババのジャック・マー会長「AIが人間を幸せにするか否かは人間の努力次第」

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 マー氏は人工知能とビッグデータなど、第4次産業革命は人間に幸せを与えると信じている。一方で、政府や企業、そして個人がそのような世界を作ろうと強く努力しなければ、これまで以上に痛みを伴う未来が来るかもしれないとも警告を鳴らしている。

 何もない状況から世界を代表する企業家になった人間が、人間の可能性を信じ、また同時に来る時代の危険性を予告してもいる。その事実に、現代を生きる人々はどのように接するべきだろうか。

■関連記事
中国「ドローン宅配」テスト飛行すでに500回…アリババと京東が商用化に意欲
アリババの人工知能が音楽番組の優勝者を的中させ話題に!?
Eコマースの世界最大市場の中国でロボット配送が本格スタート
中国Baidu(百度)が中国農業銀行とフィンテック業務で提携…農村部の金融サービス強化へ