中国バイクシェア大手「金ピカAI自転車」配備…超ド派手な外観で差別化!?

中国バイクシェア大手「金ピカAI自転車」配備…超ド派手な外観で差別化!?

Written by Sun Baibai

Posted date:2017.06.21

photo by 0515yc

 中国の自転車共有サービス企業・酷騎単車(CoolQi)が最近、超ド派手なゴールドの、しかも人工知能まで搭載した自転車をリリースしたとして話題となっている。

 酷騎単車は、北京、上海、杭州、西安、天津など中国国内50以上の都市で、合計100万台以上の自転車共有サービスを提供している企業だ。その酷騎単車の新たな自転車は、アプリに事前登録されたユーザーデータと連動しシートの高さが自動で調整されたり、アプリでロックを解除することができるようになっているという。

 また、自転車にはAI音声デバイスも搭載される。これは、ユーザーに音声で天気予報など実用的な情報を伝達する装置なのだが、自転車サービスとしては史上初とのこと。また、GPSと百度(中国のウェブサービス)の地図が提供されており、ユーザーが自転車の位置を簡単に把握することもできる。

 なお酷騎単車の自転車はスマートフォンの無線充電機能もサポート。自転車自体にナビゲーションが搭載されているわけではないが、スマートフォンを充電することができる無線パッドが付属していて、アプリ使用によるバッテリー消費を解決できる仕組みだ。無線充電パッドでは、すべてのスマートフォンの機種を充電することができる。

 また“ゴールドエディションの自転車”は、豪華な素材でできている。車体は軽く頑丈で、シートはシリコン製。乗り心地は快適だ。また安定感を増すため、特別に開発されたタイヤも装着されている。今後、酷騎単車は中国国内の他地域にサービスを拡大していく計画だという。

■関連記事
-中国勢が攻勢…CESアジア2017「気になるロボット5選」
-【人工知能】将来アメリカが我々の技術を盗む時代になる…中国メディア
-ロボット大国目指す中国…サービスロボット需要は莫大
-中国「ドローン宅配」テスト飛行すでに500回…アリババと京東が商用化に意欲
-中国で「墓守ロボット」登場…「顔が怖い」「キョンシーそっくり」と話題に

参照
tass.com
gigabit.net