米物流FedExのサービスロボット稼働開始...無人宅配ロボットや連動も計画中

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 フェデックスに導入されたリレイは、複数の業務命令を一度に処理する能力を持つ。またオペレータは制御ソフトウェアを利用して、複数の機体を一括管理することが可能だ。

 フェデックスのフレッド・スミスCEOは、さまざまなロボットの導入により事業をスリム化することを推進しているとし、現在、リレイだけでなく配送トラックから商品を下すロボットの導入も進めていると言及している。加えて今後は、自律走行車を使った「無人ロボット発送」や、「AIアシスタント」を通じた物品の発送サービスも用意しているとコメントしている。

■関連記事
ー倉庫用ロボット「リトル・オレンジ」が1日20万個の荷物を仕分ける
ーアイスボールも作れる「バーテンダーロボット」お値段は2000万円
ーハウステンボス「変なホテル」ギネス認定…ロボット接客員の課題とは!?
ーリソースナースを支援するAIロボットの開発が進む