ロボット産業が急成長を遂げる中国・重慶市...GDP増加率10.6%でトップ

ロボット産業が急成長を遂げる中国・重慶市...GDP増加率10.6%でトップ

Written by Pocca

Posted date:2017.06.30

photo by Wikimedia Commons

 中国・重慶市において、ロボット市場が急成長を遂げている。先日、韓国貿易投資振興公社(KOTRA)の重慶貿易館が「中国重慶ロボット産業市場動向」を発表したが、同報告書によると、重慶市のロボットおよびスマート装備産業生産額は、2014年には100億元(約1626億円)、2015年には150億元(約2439億円)だったのに対し、2020年には1千億元(約1兆6260億円)規模にまで達する見込だとされた。

 重慶市は自動車やバイク、ノートパソコンの主要生産地。生産規模は国内最大レベルを誇っている。自動車と電子機器において産業用ロボットの活用がそれぞれ40%、23%と多い状況にあり、重慶市はロボット産業の潜在力が非常に大きな市場であることがうかがえる。同報告書によると、2020年までに電子機器や自動車、スマート設備などの産業総労働者は400万人を超える見通し。1万人あたり、100台のロボットを使用すると仮定し需要量を予想してみると、4万台必要になるということになる。

 2016年上半期の国内総生産(GDP)データを見ると、全国のGDP増加率が6.7%であったことに対して、重慶市は10.6%でトップ。今後も引き続き好調な発展ぶりを維持するとみられている。中でも特に注目すべきは、重慶市内の「両江新区」だ。同区は上海の浦東新区、天津の浜海新区に次いで3番目に開発された地区として内陸部の経済成長を牽引している。

 両江新区はロボット産業の発展に向けて、いくつか目標を掲げている。まず、ロボット開発、および製造におけるグローバル企業を集め、産業クラスター(新事業が次々生み出されるような事業環境を整備することにより、競争優位を持つ産業が核となり広域的な産業集積が進む状態)を形成すること。二つ目は国家ロボット検測・評定センターの建設だ。

 三つ目に挙げられるのは、自動生産ラインや製造管理システムなどの製造エコシステムをより強化するための「スマート工場」の建設。中国政府は製造業のスマート化に向けて、生産品質管理と技術開発に重点を置き、製造総合力で世界トップクラスの仲間入りを目指している。

1 2 3