【ドローンビジネス】空撮・測量のメリットと課題【十田一秀氏】

【ドローンビジネス】空撮・測量のメリットと課題【十田一秀氏】


Posted date:2015.12.16


 ドローンが普及しはじめ、ビジネスにおいても幅広く活用されようとしている昨今。しかし、実際に現場でどう使われているかという現状はあまり詳しく報じられていない。そこで、ロボティア編集部ではドローンを業務に導入している企業に取材。今回はドローンを使った空撮および写真測量を業務とするKELEK代表・十田一秀氏に、実際にビジネスを展開する上でのメリットや課題について話を聞いた。

logo1-550x400
―KELEKではドローンを使った空撮および航空測量を業務にしていると伺いました。ドローンを使ったビジネスに携わるようになったきっかけからお聞かせください。

KELEK十田一秀氏1
 もともと私の父が、ラジコンヘリで空撮をする会社を経営していました。クライアントからは主に埋蔵文化財の発掘調査などを請け負っていたのですが、航空写真を使った写真測量も業務ポートフォリオに加えたいという社内の方針がありまして。そこで、写真測量ソフトを導入して、実際に業務として展開しはじめました。そこにきて、ここ数年、ドローン(本来シングルローターヘリもドローンに含まれるが、ここでは分かりやすくマルチコプターのことをドローンと呼ぶ)が販売されるようになりました。

 従来使っていたシングルローターヘリより使い勝手がよいため、現在ではドローンを使ったビジネスに移行することに。業務としては測量コンサルタント企業から依頼をいただいたり、自治体や役所方面からの受注があります。また埋蔵文化財関連の仕事は引き続き行っており、そちらは発掘調査会社の方から依頼をいただいています。最近ではTV番組の収録や報道資料の撮影、CM撮影などにもご協力させていただいております。

―ドローンを使った撮影業務の頻度はどのくらいでしょうか?

 実際にドローンを飛ばす日数は週に3~4日ですね。測量のみの場合や、プラスアルファで空撮をすることもありますし、反対に空撮だけの案件もあります。ここ数年、写真測量ソフトの品質が急激に向上したため、写真をたくさん撮影しても、自動的に3次元モデルを生成することができます。ドローンとの組み合わせで、空から撮影もしくは測量するという案件は増えていると思います。

1 2 3 4 5

参照
KELEK
KELEKオペレーターブログ
vimeo.com